コロナ禍におけるペット無償預かりサービス

なんてありがたい試みなんだろう。

新型コロナ感染者のペットを無償で預かってくれるプロジェクトだなんて、すごいと思いませんか!

 

私たちの大半は今、新型コロナに感染しないよう奮闘する日々を送っています。

それはもちろん自分や家族を守るためですが、ペットがいる場合はペットのためでもあります。

 

でも残念ながら飼い主さんが新型コロナウィールスに感染してしまった場合、基本的にペットとの接触をさけなくてはなりません。

感染していないご家族がいればその家族に、依頼できる知人がいれば、その人に預かってもらい、世話をお願いする必要が出てきます。

 

では、一人暮らしをされていたり、頼れる知人が近くにいないという飼い主さんはどうすれば良いのでしょう。

自宅療養であれば、自身がマスクやグローブをつけ、細心の注意をもって頑張って世話をすることが可能です。

 

困るのは、感染した一人暮らしの飼い主さんが施設や病院などへの隔離が必要となった場合。

あるいは家族全員が感染してしまい、ペットを残して病院や施設に移らなければならなくなった場合。

 

ペットを汚染宅に残していくなんて、そんなことできるわけがない!!

きっと、不安でたまらない方はたくさんいらっしゃると思います。

そのような飼い主さんたちの不安を和らげてくれる救世主が 「StayAnicom プロジェクト」。これは、ペット保険会社アニコムさんの無料のサービスで、同社が保有する施設の一部を開放して、ペットの飼い主さんが隔離等で家を留守にする間、ペットを無償で預かってくれるというありがたーい取り組みなのです。

 

新型コロナ感染者で、ペットの飼育をできる状況ではない、という人なら、アニコム保険に加入していなくても申し込めます。おまけに無料

 

フードやトイレの世話をはじめ、犬の場合は散歩、持病がある場合は日常的に内服しているお薬を持参すれば投与してくれるなど、できる限り自宅と同じように過ごせるよう配慮してくれるほか、ペットの近況報告もできる限りやっていただけるそうです。

 

どこで預かってもらえるかは、今のところ、東京近郊のアニコムさん保有の施設とのこと。

情報はツイッターなどで更新されるので確認するのが望ましいと思います。

https://twitter.com/anicom_inc

 

詳しいことは公式ツイッターやFacebook などで確認してください。

申し込み書なども手に入れることができます。

申し込み後に、感染者以外の方にペットを所定の場所に連れて行ってもらう必要はありますが、ペット愛に溢れる飼い主さんなら、ペットタクシーを利用するなどしてなんとしてでも手配できるのではないでしょうか。

 


▲ページトップに戻る

ポピンズ ペット
所在地: 〒176-0001
東京都練馬区練馬4-6-9-409
種別:保管 / 18 東京都 保 第006092 号 /
登録日:H30.10.26 / 有効期限:R5.10.25
動物取扱責任者 / 神山京子
Tel/Fax: 03-3992-2876

 

日本ペットシッター協会正会員

ペットシッター士総合補償制度加入