ひよりのその後

膀胱結石除去手術後のうちの看板犬 ひよりです。

見違えるように元気になりました。

膀胱にできていた石の種類はストルバイトといい、比較的ポピュラーなタイプとのこと。

除去した石を見せてもらいましたが、小さな金平糖の粒が15個くらいはあったと思います。でも、膀胱に留まっていて尿道を傷つけることがなかったためか、術前に痛がる様子もなかったし、血尿も一切ありませんでした。

原因は細菌感染によるもののよう。だからでしょうか、1か月半経つ現在もなお、抗生剤を飲ませています。

しばらくは尿ケアに対応する療法食を、ということで慣れない味の食事に順応してくれるか心配しましたが、意外とその辺は難なくクリアできました。

定期的なチェックも行う必要があり、おしっこ採取もだいぶ上手になりました。再発しないように頑張らなくっちゃね。


▲ページトップに戻る