サインの見逃しにはご注意

えっ?!  石ですか?

今日はうちのひよりちゃんの話題です。

 

1,2週間前から、朝のお散歩の時におしっこのために立ち止まる回数が増えていたのは気がついていました。

最初の頃はそれほど気にしていなかったのですが、よく観察すると、20秒ごとに尿意を催してはいるものの、

出る量が1、2滴なのです。

 

また、家でも、今までシート以外の場所でそそうをすることがほとんどなかったのに、しょっちゅうベッドの上などでするように。

それがひどくなったので、これは膀胱炎かもしれないと思いました。

 

おそらく病院では尿を持ってくるように言われると思いましたので、ひよりトイレの半分のおしっこシートを裏返し、そこにたまった尿で採取を試みました。

作戦はうまくいき、それを持って病院へ。

 

尿の検査、おなかのエコー、触診、レントゲンを経て

なんと、診断名は膀胱炎ではなく、「尿石症」でビックリしました。

尿石症とは、膀胱や尿道などに、ミネラル成分からなる結石や結晶ができてしまう病気です。

しかもひよりのレントゲン画像にはいくつも大きめの石が写っていて、これは手術するのが望ましい、ということになってしまいました。

 

手術後、数日は入院し、2週間後に抜糸という予定です。

ただの膀胱炎だと思っていたので、マイショックは大きいです。

そのコの体質的なものからくることが多いそうですが、

もっと早くに気付いて連れて来ればよかったと、反省しきりです。

 

おしっこが出ないのに頻繁にしようとするとか、今までない家でのそそうの回数が増えたなど、サインがちゃんと出ていたのです。

 

みなさんも、日頃の様子をよく観察し、少しでも変化があれば、すぐに病院に相談だけでもいいですから行ってください。

 

サインの見逃しに注意してくださいませ。


▲ページトップに戻る

ポピンズ ペット
所在地: 〒176-0001
東京都練馬区練馬4-6-9-409
種別:保管 / 18 東京都 保 第006092 号 /
登録日:H30.10.26 / 有効期限:R5.10.25
動物取扱責任者 / 神山京子
Tel/Fax: 03-3992-2876

 

日本ペットシッター協会正会員

ペットシッター士総合補償制度加入